美容皮膚・泌尿器科 中野医院 美容 ナカノメディカルエステティック

レーザート―ニングって スゴイのか?

顔がくすんで、濃淡の褐色斑がまだらに両頬に散らばった肝斑。これを改善させるためには 以前からハイドロキノン外用が標準治療といわれていました。その外用剤はやや刺激性があり赤みがでるなど反応が悪い場合や症状が改善しない方など 100%の効果とは言えないという現状があります。その他、トラネキサム酸やビタミンCやEの内服などを併用することも多いと思います。近年、さまざまな色素性疾患にレーザー治療が奏功する報告が多い中、肝斑にもレーザーを何とか使えないかと世界中で検討され、ついに、2008年にトップハット型QスイッチNd:ヤグレーザーを上手く使うと肝斑が治ることが判明しました。(後にレーザート―ニングと呼ばれるようになりました。)私たち、レーザー治療者が大変、喜んだのはいうまでもありません。中野医院では、この7年余り、照射方法を工夫し、効率的に治療する方策を編み出しました。で、2015年、4月のピコ秒レーザー(これもヤグレーザー)が中野医院に導入され(日本1号機)でさらなる、肝斑治療戦略における選択肢が増えました。今後も鋭意努力したいですね。(●^o^●)
プロフィール

Dr.Nakano

Author:Dr.Nakano
宮崎市でアザ治療を中心とした皮膚外科治療を中心に一般皮膚科と泌尿器科、美容皮膚科診療を行っています。新しい情報を得るためにアンテナを日本ばかりでなく世界にむけ、常に最先端医療を取り入れる努力を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR