FC2ブログ
美容皮膚・泌尿器科 中野医院 美容 ナカノメディカルエステティック

米国で シミの正体見たり ホトトギス

 光老化に関する海外論文を読んでいると 欧米発ではシワの治療、アジア圏や南米ではシミ治療に関するものが多いのです。アメリカでの白人の割合は現在50%程度ですので 有色人種のシミ治療の話がもっとあってもよい気がします。

アメリカ国内でも地域による民族間の人口割合にはかなりの差があります。今回訪れたサンフランシスコは人種のルツボながら、我々がうろついたエリアは白人が主で、次に黒人、アジア系(インド系>中国系)と続き、ヒスパニックはほぼゼロです。そこで、白色人種の顔ばかり注目していると 確かにシミがない。あっても、色素量が少ないためか見えない。シワはやはり多いのですが、シミがない。ただ、腕や肩にはコンペイトウ様の細かいシミが多数あるのですが、なぜか顔はきれい。今、思い出しても不思議です。どうしてやろう???
正確には、皮膚…真皮にある線維芽細胞の働きが我々と異なるのだろうと思われました。

で、たまに見かけるアジア系(中国系)の顔はシミだらけなんです。インド系は色黒で、シミなどございません。というわけで中国系の日本人である我々は相当、紫外線に注意しないとシミを簡単に発症する人種 と 結論づけられると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dr.Nakano

Author:Dr.Nakano
宮崎市でアザ治療を中心とした皮膚外科治療を中心に一般皮膚科と泌尿器科、美容皮膚科診療を行っています。新しい情報を得るためにアンテナを日本ばかりでなく世界にむけ、常に最先端医療を取り入れる努力を続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR